銀行の優れたカードローン

カードローンと聞くと消費者金融を思い浮かべるものですが、最近では低金利で高限度額となる銀行のカードローンが人気となっています。銀行だからと言って手続きに時間がかかるわけではなく、中には最短即日融資も可能とする銀行もあるほどです。

申し込みは多くのカードローンでネットでの来店不要手続きが行え、契約に関してもWeb上や郵送で来店不要で完結するところもあります。急ぎの場合には別の手続き方法を用いることで平日だけでなく土日の最短即日融資も可能となる銀行カードローンもあるので、金利負担を抑えたい方も早くに借りたい方も、銀行カードローンなら希望通りの借り入れが利用できるようになっています。

また、一部の銀行では配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも一定額まで借りられるので、配偶者に内緒で少しのお金を借りたい方、安心して利用したい方にも銀行のカードローンは適しています。

銀行ならどこでも専業主婦のカードローン利用に対応をしているわけではないので、配偶者の安定収入でお金を借りる場合には、専業主婦でも借り入れが可能かを申し込み前に利用条件をしっかりと確認するようにしてください。

どの銀行で借りるかを決める

銀行の数だけカードローンの商品もあるため、銀行で借りるとしてもどの銀行を利用するかを決めなければなりません。大手の銀行でもネット銀行でもカードローンは提供されており、さらには各地方銀行でも個人向けのカードローンサービスがあります。

地方銀行の場合には利用ができる地域が限定されている場合があり、地元の方のみが利用対象となるカードローンも少なくないため、地方銀行のカードローンを利用する際には対象となる地域や利用条件はしっかりと確認をしなければなりません。

大手銀行やネット銀行であれば日本全国どこでも対応をしているので地域に関しては気にする必要はありませんが、地方銀行のカードローンの場合には注意が必要となります。

地方銀行カードローンの人気が高い

銀行でのカードローンの中でも、地方銀行での借り入れが最近では人気が高くなっています。地元の金融機関の信頼性や借り入れの安心感は大きく、金利や限度額に関しても大手銀行やネット銀行に劣らないカードローンも出てきているので、銀行での借り入れを考える上では地方銀行のカードローンは外せません。

第00位
★★★★★
オリックス銀行カードローン
低い金利と高い限度額が魅力のカードローンで、希望額300万円までなら所得証明原則不要の申し込みができます
オリックス銀行カードローン
年利借入限度額審査時間融資までの目安
3.0%~17.8%最高800万円最短即日初回数営業日
オリックス銀行カードローン
業界最低水準の金利となる信頼の銀行カードローンであり、申し込みも契約も来店不要で進めるため、安心して借りられると評判です。おまとめや借り換えにも対応をしており、他社で高い金利で借りている方は、乗り換えで利息負担が軽減する可能性もあります。カードは全国の提携ATMで手数料終日無料で使えますので、金利が低いだけでなく、手数料コストも抑えられるお得な借り入れとして人気です。

銀行と消費者金融の違い

銀行のカードローンは金利や限度額、安心感の面で強くなりますが、その分だけ消費者金融と比べて審査の基準が厳しくなってしまう欠点もあります。アルバイトやパートの方などは、銀行カードローンに申し込みが行えても審査に通過ができるかとなると難しい部分があるため、状況によっては銀行ではなく消費者金融での借り入れを考える必要が出てきます。

いくら銀行カードローンが金利や限度額に優れるとは言っても、審査に通過をして借りられないと意味がありません。審査に通らなければ元々の目的となるお金の調達すらも達成できなくなってしまうので、カードローンの利用先を選ぶ際には審査基準も含めて銀行で良いのか、それとも消費者金融を使うのかを決めなければならないのです。

消費者金融は銀行に比べると金利が高くなるデメリットはありますが、早さや手軽さでは勝っていると言えます。契約機を利用した土日の最短即日融資も大手の消費者金融なら対応をしており、さらには大手であれば比較的安心してカードローンの利用ができるので、初めて借りる方も以下の大手の消費者金融なら安心です。

利用先 実質年率 限度額 審査時間
プロミス 4.5%~
17.8%
1~
500万円
最短
30分回答
アイフル 4.5%~
18.0%
最大
500万円
最短
30分回答
モビット 3.0%~
18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査
アコム 3.0%~
18.0%
1~
800万円
最短
30分回答

申し込み時に覚えておきたい点

カードローンの利用は担保も保証人も不要となるため、信用が重要なポイントとなります。信用情報機関に登録されているクレジット履歴を重視した審査となり、信用情報に問題があるとカードローン審査にも悪影響が出てしまいます。

過去の返済のトラブルや債務整理履歴は言うまでもありませんが、それ以外に見落としがちなのが「申し込み履歴」です。多くの信用情報を取り扱うCICでは、申し込み履歴を半年間記録していますので、多くのカードローンに申し込みをすると履歴が複数残ってしまいます。

多くの履歴があればそれだけカードローン審査では不利になりますので、同時に何社も申し込むのはもちろん、短期間で複数のカードローンに申し込んでしまうと、審査を受けるたびに通りづらくなり、そのうちどこからも借りられなくなる可能性があります。

「2社までなら大丈夫だろう」などと考えて複数のカードローンに申し込みを行うと、本来であれば借りられた可能性のある方でも、多重申し込みが原因で審査落ちとなる場合もありますので、申し込みは必ず1社に絞るようにしましょう。

カードローンでよくある質問
カードローンで借りたことはバレませんか?
家族や会社に内緒で借りられますか?
申し込みも契約も手続きを進める上でのプライバシーを守ってくれるので、本人以外にはカードローンを利用しているとは言いません。
アルバイトでも借りられますか?
主婦でパート収入ですが申し込めますか?
申し込めます。一部の銀行カードローンを除けば基本的に収入が安定していれば良いので、アルバイトやパート主婦の方でも申し込み自体は可能です。
休職中でも借りられるところはありますか?
専業主婦は借りられませんか?
専業主婦の方は、配偶者に安定した収入があれば一部の銀行からの借り入れは可能ですが、休職中、無職で収入が無い方は利用ができません。
郵便物は何が届きますか?
差出人名はどうなりますか?
Webや郵送契約をすると後日にカードが届けられますが、封筒の差出人は銀行名で、外部からはカードローン関連の封筒とは分からないようになっています。
返済が遅れる場合はどうしたらいいですか?
すぐに取り立てが来ますか?
まずは自分から必ず連絡をして下さい。遅れてしまうことを伝え、返済日の相談をし、その日までに入金をすれば遅延損害金は発生しますが、問題ありません。
ご利用は計画的に

カードローンはあくまで借金であるために借りれば返済の必要があり、返済時には借りた金額や期間、金利に応じた利息の支払いもしなければなりません。限度額があるからと無駄遣いばかりして借りすぎてしまうと、返済が思ったよりも大きな負担となり、生活に支障が出る可能性があります。

余計なカードローン利用はしないようにし、必要な金額を必要である期間だけ借りるようにすれば、借りた日数分に応じた利息計算となるカードローン契約においては、返済負担を軽減できるようにもなります。

借りる前の計画性が重要となり、毎月の最低返済額の入金だけで満足をせず、なるべくなら上乗せでの支払いの進めていけるようにすれば、カードローンは効率的に返済ができるのです。

だらだらと借りてだらだらと返済をするのがカードローンで最も良くない利用方法ですので、必要なら必要な分を借りる、必要ないなら今は借りないとスパッと決める決断力も必要となります。

よく考えて計画的に使えば、カードローンは何かと暮らしに役立つ便利なサービスとなります。常に返済は頭に入れておき、借りすぎないように注意して利用をしていくことが大事なのです。

ページトップへ戻る